「アレ」の正体。

こんにちはおんぷ♪


今日の糸魚川は、すがすがしいほどの晴れです!


とっても気持ちが良くて、眠くなりそうな・・・・zZZ

・・・はっがーんびっくり!!


・・・なんて、寝るなんてとんでもないです!

皆さんに、さらに高品質な住宅、「最高の地元ライフ。」をお届けするため、日々勉強です!



今日は桃の節句 ひな祭りですねにへ


どこのお家からも、『あかりをつけましょぼんぼりに~♪ お花をあげましょ桃の花~♪』と、楽しい歌声が聞こえてきそうですおんぷ


雛人形を飾って、菱餅・あられ・桃の花を供えて、白酒を飲みながら、幼い娘のはしゃぐ姿を目で追う。

こういった季節のイベントを、お家で家族とゆっくり楽しむことも「最高の地元ライフ。」の暮らし方の1つでもあります。

家族が揃って、笑顔の絶えない住まいにして頂きたいですぺこ

さて、「ひな祭り」と言えば、ひな人形。

私が、ひな人形を思い出すとなぜか気になってしまうのが、お内裏様の持っている「アレ」。

わかりますか?

コレです。

そう、この『笏(しゃく)』というもの。

お雛様が持っている扇はパタパタさせて使うのだとわかりますが・・・。

お内裏様が持っている『笏(しゃく)』の使い道が全く想像できません

そういえば、この『笏(しゃく)』。

大工の神様と呼ばれ、法隆寺も手掛けたという「聖徳太子」も持っていましたね。

当時のお偉いさん方が持っていた、この『笏(しゃく)』の意味はなんなのでしょう?

・・・というわけで、調べてみました。

・・・・・カタカタ・・・・・PC・・・・・カタカタ・・・・・虫眼鏡びっくり!!

いろいろな説が出てきましたが、私が一番納得したのがこの2つ。

■メモなどを張って、忘れ物防止にしていた。

■同じく紙などを張って、現在のバインダーのように使っていた。

改めて思い出してみると、テレビなどで昔のお話とかを見ていると、確かに紙を添えて、和歌や俳句を書いていたような気がします。

だから、俳句を書くための厚紙は長細いのですかね。

集会など大勢の前で、お話をするときなどに、いわゆるカンペを『笏(しゃく)』の後ろに添えて読んでいたのでしょうか。

そういえば、宮司さんがお祓いや祭り事をしている際に読む紙は、すべて長細く折ってありますね。

のちには、体制を整えて、威厳を付けるために使われていたようです。

なるほど。納得です。

大工の神様、聖徳太子も、『笏(しゃく)』に設計図などを添えていたのかと思うと、なんだか不思議な感じがします。

ご覧いただき、ありがとうございました!

楽しい、ひな祭りをお過ごしくださいひな人形きらきら!!

お問い合わせ イベント情報