手書きの図面に使う筆記用具①

こんにちはきらきら!!

お家を建てる際に重要な 「 設計 」 書く


この建設業での設計を行うプロのことを 「 建築士 」 といいます。

または、「設計者」とも呼ばれます。


※建築士…建築物の設計及び工事監理を行う職業のこと。


最近では、パソコンのソフトを使って、図面を描くことが主流となっていますが、手で図面を描いたりすることもあります。


「 建築士 」 が図面を手で描く際に使う筆記用具は、普段あまり見ることがない物が多々あります。


今回は、その 「 手描きの図面に使う筆記用具 ① 」 をご紹介します

【 今回ご紹介する筆記用具たち 】


まずは、描くことに欠かせない 「 ホルダー 」


シャープペンシルの一種でもあります。


一般的に使われる、0.5mmの芯の太さのものも使いますが

建築士の使うものの芯の太さは・・・なんと、2.0mm え゛!

鉛筆並みの太さです。とにかく太いですアゲアゲ


太いほうが折れにくく、図面が描きやすいそうです。


そして、セットで使われる、この芯。

一般的な芯のケースより、明らかに大きいです。

並べてみるとこんな感じです。


さらに、この 「 ホルダー 」 には専用の削り器があります!

それが、こちら!


左→最近の削り器 従来ある削り器


左の最近の削り器は一見、普通の鉛筆削り器にも見えます。


しかし、鉛筆削りとは違って、この削り器は芯を入れる穴が細く、直接芯を削ることができます。

芯を入れる穴の大きさは約 4.0mmです。


右の従来ある削り器は、ホルダーをそのまま入れ、クルクルと回転させて削ります。


回すだけで、簡単に削れますにへ

【 Before 】

【 After 】


筆記用具1つをとっても、それぞれに使いやすいための意味があるのですね・・・。


パソコンで描かれた図面も綺麗で劣化がなく便利ですが、こういった筆記用具で描かれた図面もまた、良いかもしれませんねおんぷ

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以上、『 手描きの図面に使う筆記用具 ① 』 でした!


『 手描きの図面に使う筆記用具 ② 』 も是非、ご覧ください♪


最後までお付き合い頂き、ありがとうございましたハート


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お問い合わせ イベント情報