第42回 スタッフリレー オンリー1の住まいづくり

こんにちは。
上越支店 NAOTOです。
上越タイムスに弊社 カネタ建設 代表取締役 猪又直登 の「家づくり」についての熱い考えが掲載されました。
タイムス
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今回は新聞を取っていない方にも、カネタ建設の「家づくり」の考えを伝えたいと思います。
以下 上越タイムス広告より
 「あなたが建てたその家、本当に“あなたの”家ですか?」 
みんなが選んでいる家?次世代の家?・・・素敵な広告に魅了されて家を買ってはみたものの、どうも自分たちの生活スタイルとは違う・・・
売り手都合で大量生産された住宅を手にして、そんな不満を抱きながらローンを支払っているお客様は、けっして少なくありません。
大量消費の時代は終わったのに、なぜ住まいだけは画一的な商品ばかりが流通するのでしょうか?
一生に一度の大きな買い物である住まいこそ、その家族の思いがたっぷりと詰まったオリジナル作品でなければならない。
本来は長年その地域に根付いた建築会社が、その役割を担わなければならないはずでした。
しかし、勉強を嫌い、進化を嫌い、堕落していった建築会社、工務店も少なくありません。
住宅業界もまた、自分たちの都合で合理性を追い求め、多くの会社がいつしか創業時の理念を見失っていったのです。
だから私たちは、その役割を担うオンリーワン″1″の住宅会社を目指しました。
そこで、まず始めたのは「人づくり」から。
この地域で生まれ育ち、お客様と共に人生を歩んでいく・・・
カネタ建設は、住まいづくりを心から愛し、お客様の喜ぶ顔を生きがいにする、そんな純粋な建築スタッフたちばかりを集めました。
「そうそう!欲しかったのはこんな家」
「他の誰のためでもない、正真正銘の私たちの家」
「このこだわりをみんなに自慢したい!」
そんなことを喜んでくださるお客様の表情が大好き!そんなプランナーたちに囲まれた集団です。
一人ひとりの個性を発揮し、本当に欲しい家を作りたいというお客様の夢にしっかりと寄り添う形でプランニング・デザインされた住まいは、どの会社よりも個性的で一つひとつが独自性と満足度の高いものばかりです。
80年間、私たちは「好き」でこの仕事を続けてきました。(※実際には今年で創業82年になりました。)
だから、私たちの仕事に一切の後ろめたさはありません。
あなたのために・・・誰のためでもない、あなたのためだけに家をつくる
これが本当の「オンリー″1″の住まいづくり」です。
さぁ、私たちと共に、オンリー″1″の住まいづくりを始めましょう。
名称未設定-3
以上が掲載文です。
この文章だけで弊社の「家づくり」の全てが伝わったかどうかは解りませんが、この文章を読んで一人でも共感を持ってくだされば幸いと思っております。
次回のスタッフリレーはFujiが担当します。
お楽しみに。

お問い合わせ イベント情報