女性設計士の建築奮闘レポート!

2017_02_17

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.07

タイトル:雨にも負けず 風にも負けず。


こんにちは、長崎です。

前回までの内容で建て方まで完了しました。

PA2400011-e1487292994987

では、次は何をしていくのか??

今回はその工程をご紹介していきます。


建て方が終わったお家はまさに骨組みの状態。

このまま放っておくと雨風に晒され、人間同様、具合を悪くしてしまいます。

まずは、とにかく屋根・外周部分を塞がなくてはなりません!!


屋根には、瓦屋根や金属屋根など、材質や形状によって種類がたくさんあります。

55164687
IMG_5802-1024x768
DSCF0070
seppan

皆さまの屋根はどんな屋根でしょうか??

お隣さまと見比べてみるのも面白いですよ♪

ただ、目に見えるのはいわゆる仕上げの部分だけ。

屋根にも実は目に見えないところで、ひっそりとお家を守っている子がいるんですよ♪

P1270025-e1487293013969

それがこの「屋根ルーフィング」と呼ばれる材料。

役目は屋根に於いての最重要課題。防水機能です。

ですが、ただ屋根ルーフィングを敷けば防水機能が発揮される・・・と、いう訳ではありません。

敷く順序や重ね巾など、色々な決まりがあります。

すべての決まりを守った状態で、初めて下地としての防水機能を発揮します。

しかし、屋根ルーフィング単体では十分な防水とは言えません。

あくまでも仕上げの瓦や金属などで屋根を葺くことで、

本来の屋根としての防水能力が発揮されるのです!

目には見えない部分ですが、きちんと守らないと雨漏りの原因になってしまいます。

せっかくのお家が雨漏りに・・・なんてことは嫌ですからね。

case_img03

そしてこの屋根下地には、ルーフィング以外にも吸音材を敷いたり、遮熱材を敷いたりと、仕上材や用途に応じた様々な材料達が自分たちの役割を発揮してくれています!!

そんな目に見えない所でひっそりと活躍をしてくれる彼らを、少しでも知っていただけたら幸いです(笑)


防水機能を持っているのは何も屋根だけではありません。

外壁も同様です。

外壁で防水機能を発揮するのは、この「透湿防水シート」。

PB050049-e1487293030977

カネタ建設・カネタ建設・カネタ建設・・・

いっぱい書いてありますね。実にしつこいです。ただの宣伝です♪

工事期間中このシートが見える間の、期間限定の宣伝なのでどうかお許しを・・・(笑)

表面に書いてあるこの宣伝の文字、施工会社の宣伝だけではなく、このシートのメーカーさんの名前が入っているのが一番多い様な気がします。

いろいろ見比べてみるのもまた面白いですよ♪


話は戻りまして・・・このシート。

屋根ルーフィングと同様に、決められた施工をすることで、「壁の中に水が入らないようにする」という本来の力が発揮されるのです!

また、読んで字の如く・・・ 防水だけでなく、「透湿」という機能もあります。

これは、水は通さないけど湿気は通すよ!と、いうものです。

「水を通さないと言いながら、湿気が中に入ってるじゃないか!!」と、思うかもしれませんが、「透湿」と「防水」。 目的が違います。

室内の湿気は壁の中には入れない施工が本来は大切です。

ですが、仮に湿気が壁の中に入ってしまったら・・・

そのまま湿気は逃げ場をなくし、壁の中はカビだらけに・・・

そんな事態を防ぐ為に「透湿」機能の出番になります!!

湿気が壁の中に入ってしまっても、外へ逃がすことで壁の中でのカビや腐朽を防ぐことが出来るのです。

P20110809
m25

表面はきれいなのに壁の中身はカビだらけ・・・そんな事態は何としても避けたいものです。

そのため透湿防水シートも屋根ルーフィングも同様、

きちんと決まりを守って機能を発揮させてあげなければいけません!!

ちなみにこのシート、

実際触ってみると、こんな薄いシートで大丈夫?!と思うのですが、思いのほか丈夫です♪

手で千切ろうとしてもまったく歯が立ちません(笑)


この2つの工程の元、お家をすっぽり覆うことで雨風の心配はなくなり、雨にも風にも負けないお家になります♪ひとまず安心。

せっかくの夢のマイホームです。

カビや雨漏りから長くお家を守れるよう、しっかりとした施工でお引き渡しをしていきたいものですね。


今回はここまで。

次回からは、今回紹介した見えないところで頑張る材料たちに支えられ、雨風に対し、最前線で戦う仕上材たちをご紹介していきます。

まず来月は、屋根の仕上材からです!


長崎








 『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |



a81d4ad7eb5f94c322b3e370135febec

2017_01_20

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.06

タイトル:笑顔が溢れる瞬間


こんばんは、長崎です。


皆様、あけましておめでどうございます。

年明けから時間が経ち、遅ればせながらご挨拶させていただきます。

また、昨年末に糸魚川市で発生した糸魚川市駅北大火により、

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


さて、「マイホームが出来るまでの流れをご紹介」と始まったこのシリーズ。

ついに年を跨ぎました。

本年も引き続き、わかりやすい現場レポートをお届けしたいと思いますので、

宜しくお願い致します。


年明け最初の内容ですが、前回の予告通り「建て方」についてご紹介します!

建て方は住宅づくりにおいて、花形と言っても過言ではないくらいメインの工程です。

新年最初の内容にピッタリではないでしょうか♪


そもそも建て方の工程とはどこからどこまでなのかと言いますと・・・

木工事の中の土台(前回ブログ内容)から上棟(棟上)までを建て方と言います。

PA2202561

前回紹介した土台までのこの状態。

土台に不具合が無いかどうか十分に検査・確認した後、

現場に材木屋さんから運ばれた材料が届きます。

いよいよ軸組みの組立スタートです!!

柱を建て、梁を架け、屋根を組み・・・

どんどん家の形が出来ていき、その様子は見ていても面白いものです

PA2202631
PA2302831
PA2400011

こうして屋根構造の一番高いところにある材料(棟木)を組上げたところで、

建て方完了となります。

ここまで完了すると、カネタ建設では全てのお家で上棟式を行います。

IMG_23721

形式は簡易的なお酒とお塩でのお清めから、

五色旗、ご供物などをしてから餅まきを行うものまで様々です。

その中でも近年では餅まきまで行っていただけるお施主様が増えてきており、

餅まき開催時には、ありがたいことに毎回たくさんの方にお越しいただいています。


それぞれのお家の上棟式は お客様リポート でご紹介していますよ!!


経済成長と共に見かける機会が少なくなった懐かしい祭事。

集まっていただいた方々の楽しそうな様子にはお施主様のみならず、

それまで常に真剣な眼差しで仕事に励んでいた大工さんも思わず笑顔があふれます♪


上棟式開催の有無に関わらず、全ての建物には上棟(棟上)の瞬間があります。

そこに住まう人・訪れる人がこれからの未来を想像し、

希望や夢がたくさん詰まった瞬間でしょう。

それは、今回糸魚川市駅北大火に見舞われたお家も例外ではありません。

私たちも、その瞬間にどれほどの思いが込められているかをたくさんのご家族を通し、見てきました。

それだけに本当に心が痛みます。

しかし、たくさん見てきたからこそできる事があるはずです。

これからも「住宅」を通し、皆様と地域復興のために全力を尽くして参ります。

もう一度、町が笑顔であふれますように。


「がんばろう糸魚川。負けるな糸魚川。」


長崎





|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア

2016_12_17

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.05

タイトル:住宅の架け橋


おはようございます、長崎です。

前回の予告通り、今回からは「木工事」を紹介します!

前回までの「基礎工事」で、家の土台は完成。

基礎屋さんから大工さんへバトンタッチです。


「木工事」は読んで字の如く。基礎の上に木材を組み、家の形(軸組み)を作っていく工事です。

最初に登場する木材は「土台」と呼ばれる材料。

役割はこれまた読んで字の如く、家の土台を担う木材です。

PA210237

図面を見ながら、土台に書いてある番号通りに基礎の上に木材を並べていきます。


ただし、その前に・・・

P5280095
5508430013

この土台と基礎の間にいる黒いヤツ↑。

名前を「基礎パッキン」と言います。 ・・・なんか楽しい名前ですね♪

写真のように長いものや反対に短いものなどなど、色々あるんですよ!


基礎パッキンの役割は床下部分の換気です。

imagesKODWU7AG

住宅の基礎によくこんな部分が見られるかと思います。

これも床下換気。

床下に空気を通すことで、湿気を抑えてカビの発生を防ぐことが目的です。

ただ、せっかく換気をしても土台への湿気を防がなくては意味の無いこと。

せっかくの土台が腐ってしまいますからね。

この基礎パッキンも同じ床下換気という役割を担い、

かつ、土台との間に置くことで土台の腐朽も防ぐことができます!!

dodai_01

こうして並べられた土台。

どうやって基礎にくっつけるのか??

そこに出てくるのが「アンカーボルト」。

これもまた読んで字の如く。

アンカー(固定させるもの)の、ボルト。 ・・・ヒネリはありません。


冒頭の写真。

基礎からニョキニョキ出ている棒。

PA210237

これがアンカーボルトです。

このアンカーボルトで地震に強い家づくりができます。

「こんな細い棒で地震に耐えられるの?!」

もちろん、1本なら無理でしょう。

しかし、決められた通りの場所に決められた数をしっかりと入れて、

かつ、正しい施工の元ならば地震にも強い家づくりができます。


土台も基礎パッキンもアンカーボルトも。

個の力は小さくとも、集まれば住宅を湿気からも地震からも守ってくれます。

今回は基礎と軸組みを繋ぐ架け橋として、住宅を支える3つのお話でした。

次回からは軸組み部分「建て方」の工程のお話です♪


長崎






|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア

2016_11_19

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.04

タイトル:縁の下の力持ち


こんにちは、長崎です。

3回に分けてお届けしてきました「基礎工事」もいよいよ大詰め。

今日は前回も予告した通り、コンクリートについてです!


「鉄筋工事」と並行してお仕事してくれるのは「設備工事」をしてくれる配管屋さん。

排水などの配管を通す為の下準備を行います。この下準備が生かされるのはまた後のお話…

P9300036-e1479524437296

この後は鉄筋屋さんと配管屋さんからのバトンタッチを受け、基礎屋さんが再登場。

まずは、基礎の足下となるスラブを作っていきます。

P9155709-e1479524407556

アジテーラートラック、通称 生コン車で運ばれてくるコンクリートをコンクリートポンプ車へと流し、

鉄筋を組んだ上からドボドボと流し込んで行きます。

PA010090-e1479524457732

コンクリートを流しこむ隣で常に一緒にいるのは、バイブレーターと呼ばれる小さな機械。

小さな割にかなり元気な音でお仕事をしている機械です。

コンクリートを打つとき、なんかすごい音するな・・・なんて思った時は大抵このバイブレーター君が頑張っている証拠です。

でも、実はこのバイブレーター君はとても重要で難しいのです。

主な役割は、コンクリートの中の余分な空気を外に押し出すこと。

こうすることでコンクリートが十分な強度を発揮できます。

つまりはこのバイブレーター君次第でコンクリートの強度が決まるのです!

なので、何だこの音は?と、思ったとき。

小さいながらも、住宅作りで重要な仕事をして頑張っている彼を思い出してあげて下さい♪

P9155735

そうして流し込んだ後ろから、着いていく職人さんがもう一人。

コテを使って、きれいに表面を仕上げてくれる職人さんです。

まるで魔法のようにキレイに仕上がっていく様子は、見ていて気持ちがいいものです♪


そんなこんなで出来たスラブの上にもう一度この工程を繰り返します。

立上り部分と呼ばれる見たままの部分。

この部分が出来上がると、いよいよ基礎は完成となります。

PA170234-e1479524427641

ここまで来ると現場監督さんはちょっとひと安心。

監督さんはコンクリートを打つとき、コンクリートは足りるかどうか?施工不良はおきないだろうか?・・・などなど内心ドキドキです。

もし、現場に行ったとき。

監督さんがちょっと怖い顔で現場にいたら、内心ドキドキしているのかもしれませんね(笑)


「基礎工事」はここまで。

タイトルにもある通り、基礎はまさしく「縁の下の力持ち」。

皆さんのお家を支える基礎。見えないところで今日も頑張ってくれていますよ♪

次回からはいよいよ大工さんの登場です。

お楽しみに♪


長崎






|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア

2016_10_15

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.03

タイトル:持ちつ持たれつ



こんにちは、長崎です。


今回は前回の続き・・・

P20536491

ちなみに前回は基礎工事の下地が終了したところまで、お話しました。


この次に登場するのは、「鉄筋工事」をしてくれる鉄筋屋さん。

下地の上に鉄筋を組んでくれるプロたちです。

単純そうに見えますか?でも、実は複雑。

どこに何の種類の鉄筋を入れるのか、きちんと計算して出されたものを組んでいきます。

私も最近ようやく見分けが付くようになって来ましたが、最初はすべて同じに見えます(笑)

P9290021

それなのに、この鉄筋。工事が完了すると全く日の目を見ません。

工事中しか見えないのです。中々のレアな工程ですね。


では、なぜ見えないのか?

それは、すべてコンクリートの中に埋められてしまうからです。

ああ、もったいない。せっかくキレイに組んだのに・・・

なんて思うかもしれませんが、埋めることで鉄筋の本領が発揮されます。


この鉄筋。単体では錆に弱く圧縮されると折れてしまうのが短所です。

でも、そんな鉄筋の強い味方がコンクリート。

コンクリートの長所は頑丈で圧縮されても強いところ。

あれ? と気づいた方もいるでしょう。

彼らは互いの長所が短所を補うという、なんとも心強い相棒同士なのです。

photo

「鉄筋コンクリート」という名前を聞いたことがあるかと思いますが、

それこそが彼ら相棒同士の名前なのです!・・・そのままですね。

タイトルにもある通り、「持ちつ持たれつ」のこのコンビ。

皆様のお家でも、ひっそりとこのコンビが今日も頑張ってくれてますよ♪


次回はいよいよ大詰め。完成まであと少し。

鉄筋の相棒こと、コンクリートについてのお話です。


長崎





|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア




|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設|

pagetop
お問い合わせ イベント情報