2017_03_24

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.08

タイトル:お家の主役は…??


こんにちは、長崎です。

前回の予告通り、今回は屋根の仕上げ材についてご紹介します。

前回のブログでもチラリと出てきた下の写真・・・

55164687
IMG_5802-1024x768
DSCF0070
seppan

これが今回の主役たち。

ひとえに屋根仕上げと言っても、種類は実に様々。

瓦屋根や金属屋根など本当にたくさんあるんです。

全てを紹介していると日が暮れてしまうので、いくつか抜粋してご紹介します。


まずは瓦屋根。

「瓦屋根と言えば、日本でしょ!」

・・・実はそうでもないのです。

世界にも瓦屋根は存在します。一度各サイトをご覧になってみて下さい。

瓦1つとっても世界にこんなに種類があるのかと驚きます♪

そして日本にあるのは「日本瓦」。

日本で作ったから、「日本瓦」。 ・・・そのままです。

ただ、デザインは実に多彩。

よく見る和風のものから洋風までたくさんあります。

minokawara
b9f00614c8858ac60b30390bec3ef8b0
newseras_1

これもぜひ一度調べて見てください!

瓦のイメージが変わるかもしれませんよ♪


そんな瓦屋根の特徴ですが、一番は建物に重厚感が出ることがあげられます。

純和風、現代和風、南欧風 ・・・

など、こだわりたい方にはお勧めです。

しかし、その反面・・・

少し高価なことがマイナス面にあげられます。

理由とすれば、瓦自体が重い為、柱・梁といった建物の構造にお金がかかってくることがあげられます。


次に、金属屋根ですが、瓦屋根に比べ比較的安価であること、軽いということが特徴です。

軽いということは、耐震性にも有利だということ。

「何だ。良いこと尽くめじゃないか。」 と思いきや

もちろんデメリットもあります。

熱を伝えやすく、塩害を受けるという点です。

何故か? 金属だからです。

暑い日に外に熱された金属、とても熱い。

寒い日に外で冷された金属、とても冷たい。

そして海沿いだと塩でサビサビに・・・ということを目にする機会があるかと思います。

「何だ。それならダメじゃないか・・・」と思いでしょうか??

しかし、この金属屋根の材料も日々改良されているのです!!

ガルバニウム鋼板屋根は耐久性・耐食性に優れているため、

海沿いのお住まいの方にもお勧めです。

ただしかし、高価になってしまうのも事実です。


ここまでご紹介してきた金属たち。

瓦棒葺きや平葺きなど、加工の仕方でさらに種類が分かれ、

その加工の仕方は屋根の勾配などによっても変わってきます。


IMG_9372
af820adfccf406b02d4109ca76d446d7
20101204_1508350

実に多彩な屋根の形。

基はロール状になった金属の板です。

これを板金屋さんが加工して屋根を作っていきます。

加工してきたものを現場で葺いていく場合が多いですが、

長~い屋根の場合。

現場で加工することも。

IMG_04092
IMG_0402

弊社では見る機会が少ないこの現場加工。

たまたま弊社で行っている現場を発見。

中々見る機会も少ないと、弊社の営業さんと見学に行きました♪

ご近所の方も突然始まったイベント(?)に興味津々のご様子。

「見世物じゃないわ!」と照れくさそうにしながらも、お仕事に励む板金屋さんの姿も見れました(笑)


お家のでサインを決める時、中々主役に躍り出ないこの「屋根仕上げ」。

少し調べるだけでも、かなりたくさんの種類があります。

「こんな屋根の似合うお家に住みたい!!」

なんてご要望が、もし頂けたら・・・

カメラを向けるだけで照れくさそうにしていた、板金屋さんや瓦屋さん。

いったいどんな反応をしてくれるでしょうか??

127-people-dwonload

ちょっと楽しみです♪


さて、次回は外壁の仕上げについてご紹介します。

お楽しみに♪


長崎








 『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |


6488ff016d584495ec23934707a3f39a
お問い合わせ イベント情報