大切なお家の定期テスト

2017_06_22

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.11

タイトル:大切なお家の定期テスト



こんにちは、長崎です。


今回は前回予告したとおり、 「 気密検査 」 についてのお話です。

「 気密検査 」 とは、 『 新しく建てたお家にどれだけ隙間があるか 』 ということを調べる検査です。


では、なぜそんな検査をするのか??

ただ 「 隙間の面積を調べる為 」 ・・・ではありません。

ちゃんとした理由があるんですよ♪


みなさんは 「 高気密・高断熱住宅 」 という言葉を聞いたことがありますか??

ここ最近メディアでも取り上げられ、耳にする機会が増えたような気がします。

ただ言葉が一人歩きして、

「 実際どういうものなのかわからない 」 という方も多いのではないでしょうか??


概要としては、気密性・断熱性を高めた住宅のことを指します。

そんな紹介をした時、よく耳にする言葉・・・

「 断熱性は高い方がいいけど、気密性が高いと息苦しいんじゃない?? 」

「 昔の日本の住宅は隙間があるから換気が出来て、シックハウスなんて騒がれなかったんでしょ?? 」

「 そもそも、なんで気密性を高めなきゃいけないの?? 」


8c90cf82741995aa502e3bc2fa934391


実はこれ、大きな誤解なんです。


気密性を高めた住宅は、エネルギー効率の向上を目的としています。

気密性を高めると、エネルギー消費を最低限に抑えられて省エネに繋がり、

その分費用も抑えられます。

その反対に気密性が低い隙間だらけの住宅では、

エネルギーをドンドン使ってしまい、お金もドンドン減ってしまいます・・・


money_fly_yen


なぜか??


例えば夏場。

エアコンで必死に部屋の中を冷やしても、建物に隙間があると外の暑い空気がドンドン入って来てしまい、いつまでたってもエアコンを回し続けなければなりません。

何より、隙間があっては空気の流れをコントロール出来ず、1つの部屋の中でも床と天井付近で温度差が出来てしまいます。


561955494030917363de923aa35026af


※1.図は冬場の例。冬場は夏場と反対に部屋の中を暖めても冷たい空気が入ってくる為、

気密性が低い住宅では夏場同様、エネルギーの消費が激しい。


一方、気密性の高い住宅では、外からの不用意な空気の侵入を防ぐことができ、

さらに高い断熱性を併せ持つことで、

エアコンで冷やした空気を外に逃がさずに、部屋の中に留めて置くことができるのです!!

その為、必要な分だけエアコン使用に留めることができ、家計を助ける効果もあります♪


また、外からの空気の侵入を最小限にする事で、機械的に空気の流れをコントロールでき、床と天井での温度差を無くすことが出来ます。

そして、建築基準法で定められている24時間換気を回すことで空気を計画的に換気でき、空気が留まること無く、息苦しさもありません。

もしお知り合いに高気密・高断熱住宅に住まわれている方がいて、お住まいを訪れたときに息苦しさを感じたら・・・

もしかしたら24時間換気を止めてしまっているのかも知れません。

「 せっかく冷やした空気がもったいないから・・・ 」

と言って、換気扇を止めてはいけません。


d3306f0433d28b05337dc9f62bf638b2


ここまで気密性についてご紹介してきました。

ですが、 「 そもそも高気密・高断熱住宅ってなんで大事なの・・・?? 」 ということについて触れておきます。


最近では 『 安心・安全の家づくり 』 と謳っている住宅メーカーさんもたくさんいます。

みなさんは 『 安心・安全 』 というと何を連想しますか??

地震に強い家??

もちろん、それも大切なことの1つです。

耐震性を謳っている住宅メーカーさんの他にも、

『 健康住宅 』 を謳っている住宅メーカーさんも増えてきました。

ですが、残念ながらすべての住宅メーカーさんがみんな一緒の考え方ではありません・・・


私たちが考える 『 健康住宅 』 には、今回紹介している高気密・高断熱住宅が重要な役目を担っているため、 『 安心・安全な家づくり 』 には欠かせない大切な部分になるのです!!


この高気密・高断熱住宅の大きな目的は、 『 人と環境に負荷の少ない家をつくること 』 。


ちょっとした環境保護のCMみたいで、 「 何て、大げさな・・・ 」 とお思いでしょうが、侮る無かれ!!

先ほど紹介した通り、断熱性と気密性をあげて機械的に空気をコントロールする事で、

『 冬に暖かく、夏に涼しく、結露もしない 』 という、なんとも理想的なお家が実現するのです!!

さらにさらに!!

空気の循環作用により建物全体の温度を一定に保つことで、

ヒートショック※2 の防止や結露の防止になります。

また、結露が防止されることでダニやカビの発生防止に繋がるため、

体に優しい、健康的な生活を送ることが出来ます♪


また、 『 環境に・・・ 』 と謳っているように地球にも優しいんですよ♪

結露を防ぐことでお家自体も長持ちし、不必要なエアコンの可動もなくなる為、

二酸化炭素排出量削減などなど・・・

お家を建てるだけで、地球温暖化の抑制に一役買うことができるんです♪


02514000216


※2.ヒートショック・・・建物内での急激な温度変化による血圧の上昇や下降により、体に大きな負担がかかる現象。

突然死の原因にも繋がり、年間の死者数は交通死亡者をはるかに超える。


ここまで長々とご紹介してきたことを考えると・・・

やはり住宅の気密性は、家づくりと切っても切れない関係にあるようです。

そんな大事な気密性がもし何も考えていなかったら・・・

すべてキレイに仕上げてしまった後では、もう取り返しが付きません。

まだしっかり直せるうちに、お家にどれだけ隙間があるか調べて修正することが、

お家のためにもそこに住まうお施主様のためにも大切なことです。


弊社では新築の場合、必ず気密検査を実施するようにしています。

気密検査は大切なお家の定期テストです。

本来そこに住まう人を守るはずの住宅が、人の健康を損なってはなりません。

せっかく建てた夢のマイホームは、合格点に達しているのか??

ぜひお家を建てる際は、担当者の方へ一言、相談してみるのも良いかもしれません。


長崎






『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |



1d848f96ef950a50d4a2409821fe297b
お問い合わせ イベント情報