小さなことからコツコツと・・・

2018_05_24

カテゴリ:女性設計士の建築奮闘レポート!_No.12

タイトル:小さなことからコツコツと・・・




お久しぶりです。長崎です。

随分とご無沙汰してしまいました…

すみません…

 

前回ご紹介した、「気密検査」。

お家の骨組みを拝むことができるのは、実はここまで…

ここからは、いよいよ仕上げ工事に入っていきます。

 

前々回の最後に、現場に運ばれてきたピンク色の板。

 


PC0202562


「何だこれ?」とお思いでしょう。

これは「石膏(せっこう)ボード」と呼ばれる材料。

石膏を板状に加工したものが、この「石膏ボード」なのです!

そのままです。

 

用途としては、クロス(壁紙)を貼るための下地材です。

現在ではほとんどの建物でこの石膏ボードが下地材として使われています。

この石膏ボードにはいくつか種類があります。

通常のタイプの他、防水性に優れたタイプのものもあるんですよ!

見分け方はボードの色。

弊社では、ピンク色の物を大部分で使用しています。

では、このピンク色は何か?

正解はシックハウスの原因である、ホルムアルデヒドを吸収する力があります。



s422700_3


通常の石膏ボードと比べ、少々お値段は張るものの、

お客様に快適に生活をしてほしいという考えから、

弊社ではピンク色の石膏ボードを標準としています。

 

さて、ここで。

なぜ石膏ボードが下地材として使われるのか?

それにはこんな特徴があるからです。

1つは耐火性。



img0210


これはお家にとって、大変重要な性能です。

しかしこの耐火性を「石膏ボード」を張らずに実現しようとするとかなり大変。

使用する木材がかなり太くなってしまったり、材料の質を見直したりと、

費用はかさむ一方です。



Screenshot_114


しかし、石膏ボードを張ると耐火性を簡単に実現することが出来るのです!!

何気ないこの1枚の板が、実はお家にとっては重要なパーツなのです!

 

2つ目は遮音性。

石膏ボードには、音を通しにくい性質があります。

アパートの壁やホテル、病院などプライバシーや静けさが大切な場所に

実はこっそりいるんですよ♪

 

3つ目は施工性。

特別な道具は必要なく、釘やビスで簡単につけられます。

その上、文房具用のカッターでも簡単に切ることができるためお仕事がしやすい子です♪

仕上げも塗装や壁紙などなんでも来い!なんですよ!

木だと時間が経つにつれて水分が抜け、収縮や反りが出てしまいますが、

石膏ボードだと寸法が安定していて、形が変わることもありません。

他にも、木の下地よりはるかに安い!!

という特徴もあり、良いことだらけですね♪

 

そんな良いとこ取りの下地材を、壁や天井に張ることでクロス(壁紙)の下地は完了します。

残りはクロス(壁紙)を貼れば、天井と壁は完成となります。

次回はボードと一緒に現場にやってきた、「床の仕上げ材」のお話になりますので、

クロス(壁紙)のお話は、またいずれ…

 

たった1枚の板で、お家を火災から守る「石膏ボード」。

「住まう人が夢と希望を持って建てたお家を、簡単に燃やしてなるものか。」



10132107241

そんな作り手の思いから、石膏ボードを張らせていただいています。

全体の工程の中ではほんの一部で小さな工程かもしれません。

しかし、小さいからこそ忘れてはいけない大切な工程となります。

もしも…なんてこと起きないに越したことはありません。

けれど、もし、起きてしまったら。

そんな時のわずかな支えになりますように…

今日も自身が活躍する場がない事を祈りながら、壁の中でひっそりと皆様の暮らしを見守っています♪



長﨑





『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |

72ea58f3ccebb1dee0ebbe46790c9817

お問い合わせ イベント情報