2017_03_03

カテゴリ:ガテン男子が語る~土木の現場~_No.08

タイトル:住宅の基盤



こんにちは!村上です!

3月に入り段々と暖かくなってきましたね!


さて、今回は造成工事についてお話ししたいと思います。

造成工事とは土地を宅地などへ改良するために土地の形質を変形させることです。

・・・と、言われてもよく分からない方も多いと思います。なのでザックリ言いいますと・・・。


重機を使い地面の低い所には土を盛り、高い所は土を削り平らにして宅地などに活用するための工事です。

単純な作業のようですが、お家などの基盤になるので責任は重大です。



R0028102-e1488533824146


この写真は弊社が以前やらせて頂いた糸魚川公民館の駐車場の造成工事の様子です。

ここの土地の場合は地面が高かったので土を削り不要な土をダンプで運搬しています。

重機のオペレーターは地面に刺さっている「丁張」を見て地面の高さを調整します。

df


ひと通り工事が終わるとこのように地面が平らになります。

また、この作業だけが造成工事ではありません。

造成する場所に雑草が生えていたら草刈をする必要がありますし

宅地に利用する場合は水道を引き込み、排水のために側溝を入れる必要もあります。

RIMG0002-d-e1488533908882


この写真も以前、弊社がやらせて頂いた幼稚園のグラウンドを作る工事ですが

場所によっては写真のように擁壁を設置し土砂がくずれるのを防ぐ必要はあります。


このように造成工事とひとことで言っても場所や用途によって必要な作業も様々です。

このように付属するいろいろな作業も含めて造成工事なのです。おくが深いですね!



また、空いてる土地を活用したい!という方はお気軽にカネタ建設までご相談ください!


村上





 『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア


お問い合わせ イベント情報