薪ストーブ火入れ式

2016_11_21

カテゴリ:お客様リポート

タイトル:薪ストーブ火入れ式。


こんにちは、伊藤(直)です。

先日上越市大貫地内にて、新築工事中のY様邸で薪ストーブの取扱い説明及び火入れ式を行いました。

「火入れ」とは…。

これからこの家を末永く暖めてくれる薪ストーブに、初めて「火」を入れる事を言います。


0462
その「火」がご主人様の手によって入れられました。

小さな火が薪に移り、次第に大きな炎になっていきます。

0641-columns21
0541

薪ストーブはどこの家庭にもあるというわけではありませんので、使った事がない方や馴染みのない方は、

きっと色々な疑問があると思います。

まず、どうやって使うの? 炎だけど安全なの?

薪は、どうやって手に入れるの? 火を着けるには、テクニックが必要なの?…などなど。


火入れ式当日は、薪ストーブを施工していだたいた業者さんから取扱い説明とお施主様からの一つ一つの

質問に丁寧に答えていただきました。

0054
0312

まず最初は薪ストーブを使うに当たっての安全上の注意点。

安全第一です。

次に炉内(薪ストーブの中)の薪の組み方と簡単かつ煙の少ない着火の仕方。

そして炎の大きさの調節。

あとはメンテナンスや薪の調達、ストーブクッキングに至るまで。

設計担当者が薪ストーブユーザーという事もありストーブ話に花が咲きました。

0731
0871

12月3日(土)4日(日)にはお施主様のご厚意により完成見学会を開催させていただきます。

「薪ストーブ」の暖かさをぜひ会場でご体感ください!


見学会の詳細・事前予約はこちら!


伊藤(直)






|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア

お問い合わせ イベント情報