Only-Oneの住まいづくりブログ

みなさんこんにちは♪今年最後のスタッフリレー担当のFujiです
今年も残すところあと2日!!
みなさんいかがお過ごしですか?
私は…年末の大掃除の真っ最中&ちょっとしたおせち料理を準備してます
大掃除&おせち作りをしてると、お正月感がグッとアップしますよね
何気なくやっている大掃除とおせち料理には、たくさんの意味や願いが込められていたこと
みなさんご存じでしたか?
今回はそんな「大掃除」「おせち料理」に込められた意味について
少し紹介したいと思います
まずは「大掃除」…簡単にいうと年神様を迎える準備デス
年神様を迎える準備は、早いところでは12月半ばから始まるため、
12月いっぱいが、「事始め(ことはじめ)」とも呼ばれます。
年神様をお迎えするには、まず、家の中をきれいにかたづけなくてはいけません。
それが、一年のうちにたまった埃(ほこり)と煤(すす)を落とす
「煤払い(すすはらい)」です。
いまでは「大晦日近くの大掃除」ととらえられていますが、
古くは、12月13日(※)が煤払いの日とされていました。
いつもの掃除とは違い、年神様を迎えるための準備ですから、
煤とともに年内の穢れ(けがれ)や厄(やく)をお祓い(おはらい)する意味もありました。
とくに、かまど(台所)の掃除は念入りに行われました。
台所を汚くしているとその家の運も逃げてしまうといわれていたそうです
そして、「おせち料理」…その起源は古く、実は弥生時代からといわれています
当時の人々は、作物の収穫を季節ごとに神様に感謝し生活の節目をつけていたそうです。
自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものを「節供(せっく)」といい、
また、供えたものを料理して、大漁や豊作を願い、自然の恵みに感謝して食べた料理を
「節供料理」といいます。
その「節供料理」がおせち料理の始まりです
そして、おせち料理の1品1品に意味が込められています
黒豆…一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせるようにとの願いが込められています。
数の子…たくさんの卵があるというところから、子孫繁栄の願いが込められています。
田作り…稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣の願いが込められています。
海老…腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、海老の赤色は魔よけの色とも言われています。
昆布巻き…「よろこぶ」 の語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材です。
きんとん…「金団」と書き、その色から財産、富を得る縁起物とされています。
紅白なます…紅白のおめでたい色は水引を表し、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物です。
こんなたくさん思いが詰まったおせち料理を「めでたいことを重ねる」という願いを込めて重箱に詰めます。
長文になりましたが、たくさんの思いや願いが込められて、お正月を迎えるなんて正直そこまで考えて
なかった私…今ブログを書いてて大反省中デス
よーし!!!!俄然やる気がでました
そろそろお正月を迎える準備に戻ります
みなさんもステキなお正月をお迎えください
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました
今年の春から始まったスタッフリレーもおかげさまで43回になりました
本当にありがとうございました来年も宜しくお願い申し上げます
さ~て、新年最初のスタッフリレーは…
「MATSU」です
「MATSU」はどんなお正月を過ごすのか?
こうご期待デス

おはようございますsei

昨晩、今朝はとても冷え込みましたねさむい。

市内の一部では雪が積もり、ボンネットなどに雪を積んだ車とすれ違うようになりました。

今年は「暖冬」で雪の降るのが遅れていると言われていますが、もうそろそろ雪景色が見られるのでしょうか雪スノーパターン

ウインタースポーツが楽しみな今日この頃ですドライブ。スノボ

さて、年内も残すところ、あと3日となりました。
今年も、沢山の方々と出逢うことができ、カネタ建設を支えて下さいましたことを心より感謝申しあげます。ありがとうございました。


誠に勝手ながら、年末年始のため下記の通り、休業させて頂きます。

2015年12月29日(火) から 2016年1月4日(月) まで


なお、1月5日(火)10:00以降は、新春安全祈願祭及び新年会のため、不在となります。

1月6日(水)からは通常通り、営業致します。


来年も、カネタ建設を宜しくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎えくださいお供え餅。


※写真は12/11(金)行った「カネタ建設 下期方針発表会」での1枚です♪

こんにちは。
年末の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。
正月の準備や大掃除で、朝からバタバタ…。 
という方も多いのではないでしょうか。
「支店ブログも次回は年明けになるかな…。」 「今年も思い返せばあっという間の1年だったな…。」
と思うのは私が43歳だからでしょうか。
「カネタ建設は今年で創業82年。僕の倍程の年齢だな…。」
ということで今回は、カネタ建設の歴史についてです。
創業80周年を記念して造られたポスターに、弊社の歴史が記されています。
026_201512271411496d5.jpg
創業昭和8年
  「(カネタ)猪又製材所」として」はじまった小さな会社は今、この地域でたった一つの「住生活ワンストップ企業」へと進化を続けています。  
旧糸魚川町三反田(現在の糸魚川市中央)。辺り一帯が広大な田園地帯であった頃の昭和8年3月、そこに小さな会社が産声をあげました。
その前の年の昭和7年12月に住宅368棟を襲った糸魚川の大火を受け、当時大阪の製材所で丁稚奉公をしていた猪又匡(タダシ)が帰省し兄弟と共にはじめたのが「(カネタ)猪又製材所」でした。
リアカーから木炭車、そしてオート三輪へ・・・
小さな製材所はやがて「(カネタ)猪又材木店」と名前を変え、大工職人と共に住宅づくりを始め、後に総合建設業として発展をしていきました。
これが現在のカネタ建設のルーツです。
私たちは今、建築、土木事業を中核に不動産・訪問介護・家政婦紹介・介護タクシー・福祉用具レンタル販売事業を含め、住生活に関する全てのご相談にお応えする、この地域で唯一の「住生活ワンストップ企業」へと進化を続けています。
皆様に愛され続け、おかげさまで今年で創業80周年。長い歴史の中で出逢った全ての人に心から感謝申し上げますと共に、これからも皆様と共に歩んでまいります。
名称未設定-3
以上、80周年記念ポスターに書かれている弊社の歴史でした。
それでは年末~年始のスタッフ予定です。
12月28日(月) -
    29日(火) ~ 5日(火) close
  1月 6日(水) -
     7日(木) -
     8日(金) - sugi + NAOTO + Fuji + MATSU + saka-E AM不在
     9日(土) -
   10日(日) - OPEN
 
今年も、みなさまにはたいへんお世話になりました。
ありがとうございます。
来年も、宜しくお願いします。
カネタ建設 上越支店 伊藤 直人
 

こんにちは。
今季の冬は、「暖冬」という長期予報が出ているようですね。
支店の名物 「Fujiのカマキリ予報」によると、大雪らしい・・・との事。
はてさて
今季の降雪やいかに
前置きが長くなってしまいましたが・・・
カネタ建設 上越支店年末年始休業
12/29(火)~1/5(火)までとさせていただきます
緊急時の対応は 上越支店フリーダイヤル 0120-696-711
もしくは、各担当者へご連絡くださいますよう お願い申し上げます。
(つながらない場合は 本社フリーダイヤル 0120-470-456) 
1/6(水)より 通常営業です。

こんにちはキャハハ

今日はですツリーキラキラ


今頃、子供達はサンタさんからのプレゼントに喜んでいるのでしょうか。

クリスマスは、大人になってもなんだかワクワクしますねおんぷ

クリスマスが来ると、毎年「もう、1年が終わるのだな」と、感じます。

今年もあと数日となりました。

ラグビーの五郎丸お笑い芸人のとにかく明るい安村などが話題となり、今年も沢山の出来事がありましたねきゃー


また、グランプリ(GP)ファイナルで330・43点世界歴代最高得点をマークした羽生結弦には、世界中が驚きました。

陰陽師五芳星をテーマにした演技には、誰もが魅了され、日本の誇だと感じます。

他にも今年、話題となった出来事はたくさんありました。

その中でも建設業界でもっとも注目されたのは、やはり、「地盤」です。

まだ、最近のニュース等でも地盤調査・地盤改良について耳にする機会が多いですね.


今までの住宅・建物は「間取り」「価格」「デザイン」などが重視され、地盤に関する工事はあまり注目を浴びてきませんでした。

しかし、ニュースの件をきっかけに注目を集め、一部のマンションなどでは、地盤調査・地盤改良の資料を見せて欲しいという声も多いそうです。


今回はそんな「地盤」の『地盤調査』『地盤改良』についてのお話です。


・・・・・・・・・・・・・・地盤調査・・・・・・・・・・・・・・


地盤はその土地によって強度が様々です。

少し前までは、義務付けられていなかった地盤調査

現在では法律も変わり、地盤調査を必ず行うように義務付けされました。

とはいえ、新しくお家を建てる時に地盤の強度がわかればどこか安心ですね安心


地盤の調査方法にはいくつかあります。

今回は、住宅を建てる時に行う調査の中で、当社でも行っている「スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)」をご紹介します。

スウェーデン式サウディング試験(SWS試験)に使用する道具。

キリ(スクリューポイント)

小型のものもあり、最もメジャーな試験方法と言えます。

この方法は深さ約10mまで測定でき、1つの敷地の中で5ヶ所程度調査します。

大きなキリでぐりぐりと地盤を掘っていき、25cm下がるまでにハンドルを何回転させたかで、地盤の強さを推定するという方法です。

ただ、この大きなキリ。

いつでもどこでもスムーズに掘ることができればよいのですが、自然相手なので、なかなかうまくはいきません・・・↓↓

『ここは硬いな・・・』となると、今度は大きなサイズのキリを大きなハンマーで叩きます。

小さい割に、なかなか豪快な仕事をする機械ですね汗

地盤調査の方法にはいくつかあるとお伝えしたので、オマケにもう1つ。

ボーリング調査(標準貫入試験)」というものもあります。

スポーツのボーリングは楽しいですが、もちろんそのボーリングではありません。

方法としては、サンプラーと呼ばれる大きな筒をこれまた大きなハンマーでガンガン叩きます。

サンプラーが30cm土に埋まるまでに、何回ハンマーでガンガン叩いたかで硬さを測定します。

また、このボーリングとは、くり貫くことを意味しており、その名の通り測定しながらの土のサンプリングが可能なのです!

硬く、深いところまで測定が可能なボーリング調査。

ここまで聞くと、『スウェーデン式サウンディング試験(SWS)より、万能で良いじゃないか!』となりそうです。

しかし、そんなうまい話はありません。

弱点があります。

この工法、少々お高めで時間もかかってしまうのです・・・ガクリ

また、『騒音はどうなんだ』と言われると、それもまた耳の痛いお話です・・・ガクリ

住宅を建てる場合なら、スウェーデン式サウディング試験(SWS)で充分調べられるので、当社ではスウェーデン式サウディング試験(SWS)を中心に行っております。

ちなみに、地盤調査は、新しく建てようとする土地に既存の建物があると正確な数値が出ません。

既存の建物がある場合は、解体をして更地の状態での調査となるため、注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・地盤改良・・・・・・・・・・・・・・


地盤調査を行った土地には、後日、調査結果が届きます。

『改良が必要だよー!』と、判断された場合は地盤改良を行います。

地盤改良は判断された程度によって、主に「表層改良工法」「柱状改良工法」「鋼管杭工法」という、3つの工法によって行われます。

表面改良工法

表層改良工法とは、名前の通り『2m以内の表層だけを改良すればOK!』という場合に行います。

主に弱い地盤の土とセメント系の固化材を丸ごと混ぜ合わせて、固めてしまおう!という、大胆な工法です。

柱状改良工事

柱状改良工法は、短くまとめると『強い地盤が少々深い位置にあるので、そこまで柱を作ってしまおう!』という斬新な工法です。

表層改良工法と同じように土とセメントミルクを混ぜ合わせて、今度は柱状にするという内容です。

軟弱な地盤の地域にも関わらず、しっかりと建物を支えることができ、鋼管杭工事よりもお財布に優しいので多く使われている工法です。

鋼管杭工法

鋼館杭工法は、『地盤が弱いなら、最初から頑丈で長い鋼管を地盤の中に入れて建物を支えよう!』というそのままの工法です。

少々お値段が掛かりますが、地中深くまで改良を行うことが出来る工法です。

改良方法には、まだまだ沢山あります。

住宅では、この3つが主に行われますが、分野が変わればまた別の方法があります。

その土地に応じた改良を施すことで、長く安全ならしができます。

『せっかくこだわったお家が傾いてしまったら・・・』

『あんなことがあったのだから、私の家はどうだろう・・・?』

と、不安に思う方が増えるのは当然だと思います。

安心・安全なお家づくりはお客様と施工側との信頼関係も大切です。

日常の中では、地盤がどうなっているか見ることができません。

見えないところの安全こそ、確実に行うことが大切ですね。

pagetop
お問い合わせ イベント情報