Only-Oneの住まいづくりブログ

こんにちはおんぷ


今日、2月29日は、『お肉の日!!』sao☆

・・・でも、ありますが苦笑



4年に1度の特別な日(年)うるう年ですきらきら!!


今回は、建築のお話からちょっと離れまして・・・。

『うるう年は、なぜあるのか?』を解説します!!!!




うるう年の意味で一番有名なのが・・・

「地球が実際太陽の周りを回る周期と、人が作ったカレンダーとのズレを修正するため」ですね。



1年は、365日あります。


しかし、地球が正確に365日かけて公転しているかというと・・・。

そういうわけでもないようです。


実際には365.2422日。

時間であらわすと、365日と約5時間50分



1年で約6時間のズレができてしまい、このズレを4年間にすると、ちょうど24時間(1日)分になるのです。

この4年間でできた1日分のズレを修正する日、それが2月29日ということなのです。


ここで、もう1つ疑問が・・・・。


どうして、2月なのか?


無頓着な私からしたら、5月でも8月でも10月でも変わらない気がするのですが(・・;)

ましてや、8月なら夏休みが1日増え・・・。



これにもちゃんと、理由があるのです。




___________理由は、さかのぼること、紀元前8世紀頃のローマ。


当時の人たちは冬の間に農業はせず、日付を割り当てる必要がなかったので、現在の1月・2月にあたる月は存在していませんでした。


その後、ヌマ暦という暦で、1月・2月が誕生し、1年が12ヶ月になりました。


しかし、1年の始まりは「春」という習慣が根付き、ヌマ歴では、2月が1年最後の月と、なったそうです。


やがて、ユリウス暦が使われるようになり、2月が年末という意識が強く残っていたので、日数の調整を2月に。

こうして、うるう年(日)は2月になったのです。

なので、うるう年が、2月になった理由は

「古代ローマでは、2月が年末だったため」です。




・・・奥が深いです。うるう年。

次、うるう年が来るのは、2020年。


昔の人たちが知識を絞りあって誕生した、このうるう年(日)の今日、2月29日。
改めて、大事に過ごそうと思いますきゃー


今回もご覧いただき、ありがとうございました!

日銀のマイナス金利導入の影響が新潟県内にも広がりを見せ始めてきました。
23日に第四銀行は住宅ローンの金利を引き下げると発表したのです。
県内金融機関の間では 2月 8日以降、定期預金金利の引き下げが続いていますが
住宅ローンの金利を引き下げるのは、県内地方銀行では第四銀行が初となります。
今後、これを追いかける形で、県内ほとんどの金融機関が金利引き下げを行ってくるのではないか…。
というのが市場関係者の見解のようです。
住宅ローンの金利が減れば、当然返済額も下がります。
今後、住宅購入をお考えの方々には、たいへんな追い風となる事でしょう。
そんな中、カネタ建設の売家の紹介いたします。
名称未設定 1
1年前(平成27年 3月)にリフォーム工事を行っております。
【外壁・屋根塗装・リビングクロス張替え・キッチン・トイレ・洗面台】
建物面積は、46.48坪もあるので、ゆったり広々とした生活が可能。
場所は、西ケ窪浜。 静かで閑静な住宅地。
※現在居住中のため、内覧日時は調整させていただきたいと思います。
内覧希望の方は、フリーダイヤル 0120-676-711 (担当 伊藤)まで、ご連絡下さい。
それでは2月最終週3月第1週目 スタッフ予定です。
2月29日(月) -
3月 1日(火) - sugi + NAOTO + Fuji + MATSU + saka-E 不在 
    2日(水) -
    3日(木) - sugi + Fuji + saka-E PM不在
    4日(金) -
    5日(土) -
    6日(日) - OPEN
おすすめ売地情報も公開
名称未設定 2
コチラは、加賀町の物件で、上越支店から 徒歩 3分の場所となります。
北側、東側は上越市道。
西側は、登記簿上の赤道あかみち:登記簿上の地番がなく所有者もいない、つまりは国有地)となり、
実際には3方向が道路に面しています。
気になる方はお気軽にお問合せ下さい。
不動産サイトでも紹介しております。
糸魚川・上越 土地・家ナビ
コチラもご覧ください。
上越支店 伊藤 直人

こんにちはぺこ


先日、S様邸の上棟式を行わせて頂きました♪


この日は、久々の雪。

さらに風。


・・・がーん



建前では、窓ガラスなどはまだ、設置されていないので、寒い寒い上棟式になるのか・・・。と思っていました。


しかし!

現場に着いて2階に上がると・・・!?


『寒くない!』


思わず、心の声が出てきましたぼーぜん


私たちも信頼してお仕事をして頂いているK業者様のお心遣いで、雪や風が入らないようにしっかりと窓を塞いでいてくれたのですにへ


さすが!としか、言いようがないです。


もちろん、雪や風で木が傷まないようにという理由もあります。


そして、K業者様のおかげもあり、無事に上棟式を行うことができました。


足元の悪い中、お集まり頂き、ありがとうございました!

これからも、末永いお付き合いお願い致します。

みなさん こんちにはsugiです。
先週の土日は糸魚川にて「next itoigawaの家 ver.2.0」 
上越でいちばんスキマのない家!!の完成見学会会場が糸魚川にもかかわらず,
上越からたくさんのご来場ありがとうございました。
sugi-1.jpg
私もたくさんのお客様をご案内させて頂きました。
玄関に入ると お客様全員
「あったかい~」を連発
sugi-2.jpg
・なぜ足元まで暖かいの?
・なぜ家中暖かいの?
・暖房はエアコン1台だけなの!
・結露・カビが気になるんです!
・なぜ湿度・温度が一定に保てるの?
・なぜ気密が大事なの?
このような疑問や悩みにサーモカメラ、温度・湿度計、模型など
実際に目で見て、触れて、体感して頂きました。
sugi-3.jpg
sugi-4.jpg
会場内のフローリングをサーモカメラで撮影してみました。
samo-1.jpg
ちなみに本社の床も。
samo-2.jpg
私も足が冷え症です。いつもつま先が冷たくなっている状態(特に冬)
○「next itoigawaの家 ver.2.0」に一日いて足元が冷えないからかトイレに1回しか行ってない!
○温度だけではなく湿度も管理されているので敏感肌のお肌がパサパサしなかった。
私自身も体験しました!!
是非、今後もたくさんの方々にこの良さを実際に体感して頂きたいです!
次回の完成見学会をお楽しみに♪
次回スタッフリレーは直人さんです。

こんにちは!


先日開催させて頂いた、20日sat-21日sunの「next itoigawaの家 ver.2.0」住宅完成見学会。

なんと、2日間で70組以上の方々にご来場頂きました!

ご来場頂き、誠にありがとうございました(*^^)


沢山の方々に、【C値0.2㎠/㎡】高気密・高断熱の住宅をご体感頂き、私たちも嬉しい限りですきらきら!!

またの機会もぜひ、お越しください。







糸魚川タイムスに掲載していただきました。


「next itoigawaの家 ver.2.0」住宅完成見学会のご報告でした!

引き続き、Only One Life Style シリーズをご覧ください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


===================================================


~ オンリーワンの暮らしを訪ねて ~        

CASE*01 /  Aさん一家の住まい

Only One Life Style / CASE*02<scene.1>



≪大きなキッチンと

   読書コーナーに 

    家族が集うモダンな住まい≫

実家の敷地の土蔵跡に、Aさんご一家が建てたのは基礎を高く取った2階家。外観はこじんまりとした建物なのですが、中に入れば驚きの工夫でいっぱいです。家族みんなが本に親しみ、キッチンに集う住まいとは?



基礎を高くしたAさん宅。地階部分はガレージにしている。

Aさん宅を訪ねると、誰もがまずは「わぁっ」と驚き、次には「すごい!」と感嘆の声を上げることでしょう。



それは玄関に足を踏み入れた時から始まります。扉を開くと、中はなんともモダンな真っ白い空間。壁やドアは斜めに角度をつけて配置され、正面ドアの縦に長い採光部からは穏やかな光が入ってきます。白い樹脂タイルの上には切り絵のフレームやグリーンがさりげなく床置きされ、まるで現代アートのギャラリーを思わせるよう。生活感を感じないのは、日用品が全く見えないせいでもあるでしょう。実はたくさん設けてある収納は、プッシュオープン式の扉で壁と一体化しています。靴や傘、外遊びの道具は扉で仕切った家族用玄関内へ。ここには家族の上着やハンカチ、ご主人の仕事着などが掛けられるクロゼットもあります。

玄関を入ると真っ白なホール。奥のドアは地階に通じる


奥さんと娘さんのちぎり絵が。玄関扉の右はクロゼット



棚に飾られた読書する男の子と、くつろぐ父娘のおぶじぇ
2階への階段もわくわくさせられます。塗り壁風のクロス、つややかなメラミン化粧板の踏み板とも白で統一した中、蹴り込みには白いアクリル板を貼った正方形が並び、裏側からの光で足元をほんのり明るくします。さまざまな素材がその魅力を存分に発揮する――。それもこの家の大きな特色であることに気づかされます。


階段の蹴込みには裏側からの光がほんのり透過して美しい

階段を上がり、縦ストライプのように見える素材感が面白いポリカーボネートの引き戸を開ければ、いよいよAさん宅の中心となるLDKへ。まず目に飛び込むのが大きなアイランドキッチンです。ステンレスの質感がスタイリッシュ。広いキッチントップがそのままテーブルになるので、ダイニングテーブルは置いていません。「家を建てた頃はパン教室を開くつもりだったんです。それでキッチンのサイズや整備にはこだわりました」と奥さん。どうしても欲しかったというイタリア・イルベ社のガスコンロや、水栓2つのゆったりシンク、ビルトインオーブンや2台の食洗機・・・どれも本当に使いやすそうです。けれども奥さんがこの家を舞台に実現したのは、もうひとつの夢、本に関わる仕事でした。

―スタイリッシュな空間に導かれて―


・・・・・・・ 次回へ続く ・・・・・・・


=============================

【 次 回 】  

Only One Life Style / scene.2


CASE*02 / Aさん一家の住まい


もうひとつの夢、本に関わる仕事。

大好きな本をみんなで共有。

読むスペースの床の肌ざわりまでこだわった読書コーナが・・・!?

=============================


次回もお楽しみに♪


pagetop
お問い合わせ イベント情報