Only-Oneの住まいづくりブログ

2018_2_23

カテゴリ:スタッフの日常

タイトル:難しい?楽しい?住まいづくりって。



こんにちは。

今日はあたたかくてよい天気。


さて、最近思うのです。

「注文住宅」って難しいイメージがないかな?って。


もっといえば、カネタ建設はひとりひとりの「オンリーワン」の住まいづくりを掲げ、

お施主さまと一緒に家づくりを進めています。






実際どうなんだ?「注文住宅」…




0e440e0e2b6591f73427f0633f084c1d


イメージはこんな感じ、でも材料の名前とか、実際にできるのかどうかとか

なに系?って言われてもわからないし…

壁紙1つ決めるにも種類がたくさん、、わくわくもするけれども本当に迷うと思います。

いや、迷います。



58cb949cf1c14b3881b41f8cbacc1d70-e1519623540308
92c111526b4ef1fef4e7be807bffd120


でも…

安心してください!問題ありません!

迷いながらもわくわく感が強くなるよう工夫しています。


fa4804b63ce372c5d1e4ff92dae61df9
提案book



お施主様のイメージに合わせてひとつひとつ、プレゼンボードを使ってご提案させていただきます。


完成見学会がある際はそこに来ていただくこともできますし、

OB様宅へ伺う機会も持たせていただきます。

少しご足労をお掛け致しますが、上越の塩屋新田内に「キノイエ モデルハウス」もありますので

実際に住宅性能も体感していただけます。

暮らしの勉強会も積極的に開催しておりますので、家づくりのこと、お金のことも解決してから

スタートができます。



また1つの強みなのかなーと思う部分は、

皆さまと一緒に住まいづくりをさせていただく、営業チームは設計に関しては皆さまと同じ、

新人です。設計チームに聞きにくいこと、言いづらい要望がうまれた際も、くみ取れるように、お施主様目線で


悩みながら、迷いながら設計チームと相談し、「住まいづくり」を進めて参ります。

そして、関わる業者様(パートナーさま)を巻き込んで、思いを共有し、

お引渡し、さらにはお引渡し後に始まる「暮らし」も見守らせていただけたらと考えております。





・・・・・

住む人の思いをかたちにすればその家は1軒1軒違うものになるはず、それがカネタ建設が考える「オンリーワンの住まいづくり」です。


2018_7
217f0bdcbeac3982afb1d62d77a33bc61
IMG_0043a
611cd9d08d7062d5421d013e3bc4d4a7
本当に必要なものだけを取り入れ 実現するコストダウン
IMG_0491


お気軽に!まずは今の家のお悩みからでもご相談ください!

納得いくまで、丁寧にひとつひとつ解決できればと思っております。






今から山菜取りが楽しみな

おくむらでした。

ではまた。



5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9

2018_2_20

カテゴリ:お客様レポート

タイトル:いちぶんのいち。スタートミーティング。





こんにちは。

先週の土曜日は風が強くて、築60年の海沿いにある我が家は吹き飛ばされるのではないかと思うほどでした。太陽って本当にありがたいのですね。






さて、先日地鎮祭を執り行わせていただいたお施主様宅のスタートミーティングを公民館にて行いました。


スタートミーティングではこれから実際に家を建てるうえで関わっていただく業者様(パートナーと呼ばせていただいております)とお施主様の対面も含め、


家族の「思い」だったり家の「コンセプト」をしっかりとパートナーの皆さまにお伝えすることが目的の1つでもあります。



公民館で行われるこの会は、皆さんいつも少し緊張気味です。

ちょっと強面の方々が集まるし(嘘です。)お施主様とはこれが初対面、安心してもらいたいという

思いもあってついつい真剣になってしまいます。


20180219_1


そこで今回、カネタ建設のスタッフも工夫してみました。

撮影させていただいた画像を使わせていただき、ムービーを制作、担当者から写真とともにご家族のご紹介をさせていただきました。

そして家のコンセプトも設計担当者から映像を使って、ひとつひとつ説明させていただきました。

設計担当者からは


1分の1

でお願いしたい。


パートナーの皆さまは今年行うたくさんの家づくりの中の1つかもしれない。

けれどもお施主様にとっては1回目の家づくりで1度しかない家づくり。

ぜひパートナーの皆さまもこの思いの中、今後の作業にあたってほしい。


「1分の1」

という思いでいてほしい。そうつげられました。


20180219_2


本当に家づくりって深い、

私、ムービーを撮影するはずがすっかり忘れてしまいました。ちょっと涙が出そうになりました。



そんな中、会場を一気に笑わせてくれたのは、カネタ建設のホープでもある大工。

座って挨拶してしまったことを気にして

もう一度やり直しさせてください。とまさかのお施主様へ2回の挨拶。

これには笑いを抑えることができず、その場から笑いが溢れました。さすがホープ、心臓が強い。


20180219_4
20180219_5
20180219_31


「最後はお子さんを誰が泣かしてしまうかチャレンジ。」

というのは冗談で

パートナーの皆さまとお施主様で握手を。もちろんお子さんとも。


201802_6
2018_7


私たちはお施主様が安心して完成の時までを迎えられるよう、

自社のスタッフにも、ご協力いただくパートナーの皆さまにもお施主様の「思い」の

共有を怠ることなく、そして工夫することを忘れず、

お引渡し後に始まる「暮らし」も支えていけるような関係性づくりも含め、

今後とも日々努力して参りたいと思っています。


どうぞ引き続きよろしくお願い致します。



20180219_12
20180219_11
20180219_10
20180219_9



ではまた。

おくむら




『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |





5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9

2018_2_14

カテゴリ:スタッフの日常

タイトル:ルーツ。今日は何の日。



お疲れ様です。

今日はバレンタインデーですね。

物心ついたときからあるこの特別な日に

どきどき、わくわくしていたのはいつまでだろう…と

ここ最近はとくに思っていました。



本日の朝礼では毎日読んでいる職場の教養もバレンタインのことでした。




……

3世紀、ローマでは皇帝クラウディウス2世が兵士に結婚を禁じていました。

これを憂えたキリスト教の司祭が密かに彼らを結婚させていましたが、それが皇帝に伝わり処刑されてしまいます。

その司祭の名前がバレンタインでした。

殉教した司祭の死を悼む祭日は次第に「恋人の日」へと形を変え、日本では女性が意中の男性にチョコレートを贈る日となったそうです。

(※諸説あり)


……


そうなんです。内容というのはバレンタインの起源について

「物のルーツを探りましょう」という心掛け内容でした。










P2140628
職場の女性陣から男性陣へ。今日は除雪作業で留守にしている方も多い。
P2140630
直接渡せない鉱山で働くスタッフにも。




起源をよみとくと、わくわくどきどきの為だけにあるのではないことがわかるし、

いつの間にかストップしていた父や兄にバレンタインを再開しようかな…という気持ちになり、離れて暮らす家族へはチョコではなく いつもありがとうのメールを送りました。



職場の教養に最後に書かれていた

「物事のルーツに思いをはせると、親近感や活力が生まれるときがあります。」


という一文には確かに、本当にそうだなと。

どんなことでもルーツはあり今住んでいる「雪国」の文化にもたくさんのルーツがあるはずで。

知らないままなんて乏しい、もったいないと。


気になったことは積極的に探る癖をつけたい、


そんな意外なバレンタインデーになりました。




ではまた。

おくむら





5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9

2018_2_13

カテゴリ:お客様リポート

タイトル:続きました、晴れの地鎮祭。



こんばんは。

連日の除雪作業にあたられている方々、ほんとうにお疲れ様です。


あと何回だ…


そんな言葉が会社内でも聞こえてきます。

今後も、どうぞ十分に気をつけて作業を。。




さて、そんな雪国らしい毎日の中でもお天気に恵まれる瞬間があります。

先日のブログの中でもお天気を味方にした地鎮祭の様子をお伝えしましたが


続いたんです、晴れの地鎮祭。

3連休の初日に行われた地鎮祭も見事に晴れました!!





20180213_3
20180213_4
20180213_1
20180213_5


毎回イベントや打ち合わせにはご夫婦で参加され、担当者とも年齢が近いということもあり、打ち合わせ室からは笑い声が溢れていました。




20180213_2
担当営業と建築士。
web20180213

住まいの問診票に家づくりの想いを。

20180213_6_a
想いを受けて手書きでプラン書き。


住まいの問診票をご記入いただいた際もたっぷりとコメントや雑誌の切り抜きを持参いただき、

土地探しから始まったお施主様の「家づくり」でしたが無事にスタートでき、ほっとしています。


引き続き、しっかりとお施主様と一緒に家づくりをしていけたらと思います。




では。

おくむら





『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |





5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9

2018_2_09

カテゴリ:お客様リポート

タイトル: ゆっくりと時間をかけて。




こんにちは。

すかっと!

すっきりと!!!


お天気に恵まれた本日、

能生地域にて地鎮祭を行いました。




20180209_5
20180209_6
20180209_7
20180209_8
お施主様を挟んで担当した営業と建築のふたり。


この笑いの絶えない、話が絶えない4人をみていると、本日をむかえるまでに

たくさん、たくさん、想いを共有してきたんだろうな。

そんなふうに感じます。


暮らしがスタートしてからもこの時間はきっと愛おしくて大切な記録になるんだと思います。

今日はそんなチームにお天気の神様もご褒美('ω')ノ




これから私たちがパートナーと呼ばせていただいている業者様のお力もお借りして

お施主様の暮らしが最高のものになるよう、

お引渡しまで気を引き締めたいと思います。









20180209_4


ではまた。

おくむら





『 頑張ろう糸魚川。負けるな糸魚川。 』


|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |


5a497226e54ffd4d3a77fdc9f34d91c9
pagetop
お問い合わせ イベント情報