スタッフリレー第14回 ~建築現場用語Vol.2~

こんにちは。
今週のスタッフリレーはMATSUです。
サンダー!

って言うと、ゲームの呪文のようですが、建築業界ではサンダーという工具があります。
大工さんに「サンダー持ってきて!」と言われると、コレ↓です。
サンダ
(株式会社マキタ)
木材を研磨する電動工具で、いわゆる電動ヤスリです。
名前の由来は研磨(サンディング)かな?
紙ヤスリのことをサンドペーパーって言いますしね。
ところが、左官屋さんに「サンダー持ってきて!」と言われると、コレ↓です。
サンダー
(株式会社マキタ)
円盤の刃を取り替えることで、色々なものを切断したり研磨したりできる電動工具です。
正式名称は「ディスクグラインダー」です。
でも現場ではサンダーと言うのです。
名前の由来はやはり同じように研磨(サンディング)から来ているものと思います。
「金属の切断時に火花が出るから」とか、「切断時の騒音が雷みたいだから」という理由でサンダーと言うなんて説もあります。
ちなみにベビーサンダーという別名もあるんですよ。
ちなみにディスクサンダーという別名もあるんですよ。
とりあえずサンダーって言っておけば間違いありません。
ホームセンターの工具売り場で「サンダーください」って言うとどっちが出てくるでしょうね?
MATSU

お問い合わせ イベント情報