小さな田んぼを大きな田んぼに。

2019_10_21

カテゴリ:スタッフの日常/その他

タイトル:小さな田んぼを大きな田んぼに。



先日、スタッフブログ「まちづくりと土木・建設フェア2019」にて登場した大きな機械たち
(ブログはこちら https://www.kaneta.co.jp/?p=16428

実際の土木現場ではどのように活躍するのでしょうか。

以前に大和川小学校の4年生が総合学習のため、弊社がほ場整備を行っている大和川の現場にやってきました。
そのことと合わせてご紹介します。

IMG_0807-e1566974083904

IMG_0813-e1566974093574

ほ場整備とは、田んぼを農作業がしやすいように成形し、その周りの用水路、排水路、道路も一緒に直すことです。
こちらの現場では何枚かの小さな田んぼを一度まとめて、大きな田んぼを成形しています。


平らでなくてはならない田んぼですが、広い土地全体を平らにすることは難しいですよね。

そこで活躍するのがバックホーブルトーザーというこちらの機械。
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb42151-e1571459815872
(左)バックホー (右)ブルトーザー

R0038805-e1571459597296
①受光機
R0038807-e1571459612259
②レーザレベル

レーザレベルという、高さの確認をとれる機械を使用し、の高さが合うように凹凸を無くしていくと…。

IMG_0782

このように平らになるのです。

IMG_0819-e1567054541230

IMG_0821-e1566974119265

ほ場整備の目的や内容の説明を熱心に聞いた後は、工事に使用する測量機械を体験。

体験は1人5秒というミッションを先生から与えられ、うれしそうに覗き込む姿が印象的でした。


山﨑



|オンリーワンの住まいづくりを実現する工務店|新潟県糸魚川市・上越市・妙高市の注文住宅|住宅・店舗の新築・リフォーム|カネタ建設ファン感謝祭 オレンジフェア |
ce68cd4e146eb044eb956b0f4ecc03a7-e1571448667769

お問い合わせ イベント情報