高田の町家街に溶け込む平屋の家|上越市北本町|kinoie 陀羅尼町の家|

21.09_018

歴史ある街並みに溶け込む佇まい

歴史ある雁木通りの風景が今なお現存する上越市高田の町家街。そこには古き良き風情と人のつながりがあります。
代々この地に暮らすオーナー様の求めていたものは、このまちの風景に溶け込む美しい平屋の佇まい。
 
個々の敷地の中では完結しない家づくりの本質。

ソトにひらき、地域の特性、周辺環境と共生する豊かな暮らし方を、この陀羅尼町の家では大切にしました。



上越の平家

陀羅尼八幡宮の参道と表通りを貫く雁木通りに隣接した敷地環境を設計に取り込み、新築でありながら、まるで昔からそこに存在していたかのような佇まいを意識した外観デザイン。

落ち着いたダーク色の金属サイディングに、キノイエのアイデンティティでもある糸魚川産の杉材をふんだんに使用した外壁。そして、1階に生活機能を集約したことで、限りなく平屋に近い低層の外観が実現。緑の多い住宅街の敷地環境にうまく調和しています。

また、この住まいの前を通りかかる近隣住民の人たちに楽しんでもらえるよう、あえてリビングからは見えない敷地角に「まちかどの庭」を設置しています。

21.09_002


21.09_024


21.09_011


21.09_013

景色をナカに取り込む 抜けのよい視界

この家に足を踏み入れ、障子を解放した瞬間からリビングに向かって抜けるように広がる視界。さらにその向こうに広がる神社の境内の緑。隣地の敷地も含め、すべてこの住まいの空間として取り込まれています。

部屋の角を切り抜き、壁をなくすことで得られる解放感。浮かせる家具の工夫などと合わせ、15畳に満たないリビングの実際の畳数からは想像ができないほどの広がりを実現しています。

春には窓の向こう一面に陀羅尼八幡宮の満開の桜が楽しめます。

21.09_001


21.09_032


21.09_008

このまちで美しく歳を重ねる

何十年経っても飽きのこないデザインはキノイエの重要なコンセプト。このまちの歴史と人々のつながりを大切に、地元の人たちに永く愛される家づくりをキノイエはこれからも追及していきます。


施工時期
2021年9月
建築場所
上越市
構 造
木造2階建て
面 積
床面積[住宅]106.81㎡(32.31坪)




72ea58f3ccebb1dee0ebbe46790c98171-e1616030185642


カネタ建設の資料請求は下記フォームからどうぞ!

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※押し売り営業は一切いたしません。ご安心してご記入下さい。
  4. ※必須
  5. 表示されている英数字を入力してください
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

お問い合わせ イベント情報